高志の国・福井のとある牛飼いの日誌.内容は酪農のことだけでなく日々の徒然なる日常を書いています


by s-t-day
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2011年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

丹波へ

e0063268_10422648.jpg

家族で,おふくろの実家・丹波へ
[PR]
by s-t-day | 2011-03-25 10:42

畜魂祭

e0063268_11472310.jpg

今日は畜魂祭
自分達人間の為,多くの家畜達の命が奪われていることを,忘れてはならないし,いつも感謝の念を持っていなければ,と改めて感じました
[PR]
by s-t-day | 2011-03-24 11:47

-

e0063268_22281580.jpg

今日の新聞より、福島原発30キロ圏内の葛尾村では、役場を西へ80キロ、安全圏の会津に避難、まだ村内に残っていた酪農家30人に避難勧告をしたが、20人は拒否

読んでいたら、泣けてきた…
牛たちは何の悪いことをしていない
酪農家も何の罪もない
なのに、何故、こんな目にあわなくてはならないのか?
避難した酪農家にとって、牛たちを残していくのは、断腸の思いだろうし、残った酪農家にとっては、牛たちと心中する覚悟だろう
つらい、つらすぎる
はたからみれば、牛はどれも一緒に見えるかもしれないが、各牧場では、そこに合うように、飼い主の好みに沿うよう、何代も改良を重ねてきた、牛たちの血統が存在している。
高泌乳を誇っていた血統やスタイルの良い血統、長命連産の血統など
今まで作り上げてきたものを、無にすることは、自分の人生を否定されるようなもの
自分がその立場だったなら、どうするだろうか?
やはり、自らが生きてこそと思うだろうか、自ら及び代々作り上げてきた牧場と命運をともにするか…苦渋の選択を迫られるだろう。
[PR]
by s-t-day | 2011-03-23 22:28

結婚式

e0063268_23263637.jpg

先日,酪農家仲間の結婚式に行ってきました
震災で暗い世情が漂うなか,明るい幸せを分けてもらった気がしました
[PR]
by s-t-day | 2011-03-22 23:26

義援物資受け付けます

福井県では、「東北地方太平洋沖地震」に被災された方々に対する義援物資を受け付けます。

1 受入物資
(1)保存食
缶詰、乾パン、クラッカー、カップ麺
(2)飲料水
ペットボトル500ml、2リットル
(3)粉ミルク
(4)紙オムツ 幼児用、大人用(袋入りの未使用品)
(5)毛布 未使用品

2 受付期間
平成23年3月14日(月)13時〜17時
3月15日(火)〜23日(水)9時〜17時
※土、日、祝日とも受け付けております。

3 受付場所
○福井県庁1階 県民ホール
福井市大手3丁目17−1(電話:0776−20−0326)
○福井健康福祉センター
福井市西木田2丁目8−8(電話:0776−36−1116)
○坂井健康福祉センター
あわら市春宮2丁目21−17(電話:0776−73−0600)
○奥越健康福祉センター
大野市天神町1−1(電話:0779−66−2076)
○丹南健康福祉センター
鯖江市水落町1丁目2−25(電話:0778−51−0034)
○二州健康福祉センター
敦賀市開町6−5(電話:0770−22−3747)
○若狭健康福祉センター
小浜市四谷町3−10(電話:0770−52−1300)
[PR]
by s-t-day | 2011-03-13 22:02