高志の国・福井のとある牛飼いの日誌.内容は酪農のことだけでなく日々の徒然なる日常を書いています


by s-t-day
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2014年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

e0063268_2144148.jpg

テッダーした後は、こんなになります
[PR]
by s-t-day | 2014-05-31 21:44
e0063268_21413496.jpg

これからテッダー
[PR]
by s-t-day | 2014-05-31 21:41
e0063268_21302443.jpg

ディスクモアで刈り取ったら、次は写真のトラクターにつけている、テッダーという機械で牧草を反転します。
まあわかりやすく言うと散らかします
えっ?せっかく刈り取って列になってるのに、何でわざわざ散らかすの?って思うかもしれませんが、この作業は、
牧草を散らかす→より多くの刈り取り牧草を空気に触れさせる→牧草の呼吸や蒸発により、刈り取り牧草の水分含量低下→刈り取った牧草の重量や体積が低下することで扱いやすくなる
といった牧草収穫には重要な意味があります
[PR]
by s-t-day | 2014-05-31 21:30
e0063268_19392385.jpg

ディスクモア-のディスクはDJ(ディスクジョッキー)とかDVD(デジタルバーサタイルディスク)のディスクと同じ意味で円盤、モアーは草刈り機って意味で、合わせて和訳すると円盤型草刈り機って意味らしい
写真の円盤がトラクターの動力により高速回転し、トラクターを走らせながら円盤についている刃が牧草をぶった切る!!!!!時には牧草だけでなく、蛇やらキジ、兎も…
[PR]
by s-t-day | 2014-05-29 19:39
e0063268_10564812.jpg

牧草を刈るための機械・ディスクモアはトラクターの油圧で縦にしたり、横にしたりできます
走行中は縦にして、いざ牧草を刈る時は横にします
[PR]
by s-t-day | 2014-05-28 10:56
e0063268_1041540.jpg

牧草も実は収穫適期があります
それ穂が出そろった出穂期と呼ばれるころで、この時期が牧草としての栄養価と収量、嗜好性のバランスが一番高いと言われています。品種や気候によりますが、だいたい4月下旬から5月いっぱいがそれにあたります。
で、いざ牧草を刈ろうとする時、どうやって刈るかというと、ディスクモアとかモアコンディショナーという機械をトラクターに装着して刈ります
ぶっちゃけ草刈り鎌や刈り払い機でも刈れますが、面積の単位が坪とか畳ではなく、反とか町、ヘクタールの世界なので、機械でないと拷問と言っても過言ではない
うちにはモアコンディショナーとディスクモアどちらもあるんですが、主力で使っているのは写真に写っているのディスクモア
どれくらいの能力か?というと、トラクターの馬力、ディスクモアの大きさ、運転手の気力・体力・技術力、牧草地の状態、牧草の量、天気などいろんな条件にもよりますが、うちでの目安としては、一時間に八反(8000�u)から一町(10000�u)くらいです
しかし、刈取り適期だから、いつでも刈ればいいってわけではなく、天気予報を見て晴れが2、3日続く時に刈ります。なぜならば、雨にあたると栄養価、嗜好性が落ちるので、牧草の価値が台無しになるためです。牧草を育てている酪農家にとって牧草は今後一年の経営や牛たちの管理を左右するもので、
良い草がたくさんとれると、牛たちが喜んで食べる→購入飼料代がの節約&がっつり旨い乳が出て収入UP、病気減る、受胎良好って感じの良い流れになるんですが、
雨にあたったりして質の悪い草になってしまったら、牛たち食べない→食べないから飼料会社から牧草購入→経費UP→利益減→経営悪化とか、牛たちの食べたとしても→質が悪いので、栄養が足らないから購入飼料で補う→経費UP、質が悪いから牛たちの調子悪くなり、病気多発、受胎率悪化→ドナドナされる牛たち多発→出荷乳量減→収入減→経営打撃って感じの負のスパイラルが予想されます
なので、刈り始める時は、これから戦に出陣する武将の如くテンションを最高潮にあげまくりです。
[PR]
by s-t-day | 2014-05-28 10:41
e0063268_11274932.jpg

写真は牧草地
牧草って何だ?ってよく聞かれるのですが、簡単に言うと家畜の餌として利用される草が牧草です。
自然と生えているわけではなく、畑を耕し、堆肥をまき、種をまき、効率的集約的に利用できるよう、園芸作物と同じように手間暇かけて栽培してます
牧草にはいろんな種類があるんですが、田嶋牧場でつくっている牧草はイタリアンライグラスといって、イネ科牧草の王様と呼ばれている草です。ヨーロッパ原産で、本当かどうかは定かではないですが、この牧草を食べてた軍馬たちが、ローマ帝国の繁栄を築いたらしいです。日本では北海道以外でよく栽培されており、旧・草地試験場や農業試験場、民間の種苗会社で品種改良がされて、いろんな気候・風土にあった品種つくられています
余談ですが、自分にとってイタリアンといえば、人間の料理でなく、牧草のイメージが強く、初めてイタリアンレストランという言葉を聞いた時、牧草のレストラン?って想像したほどでした
[PR]
by s-t-day | 2014-05-27 11:27

「一番草終了」

e0063268_1637025.jpg

ようやく一番草終わりました
去年と比べて、今年は収量が多かったです
[PR]
by s-t-day | 2014-05-24 16:37

三国祭

e0063268_7233673.jpg

[PR]
by s-t-day | 2014-05-24 07:23

「駅にて」

e0063268_6533979.jpg

ちょっと遠出
[PR]
by s-t-day | 2014-05-18 06:53