高志の国・福井のとある牛飼いの日誌.内容は酪農のことだけでなく日々の徒然なる日常を書いています


by s-t-day
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

丸岡の田園風景

山崎三ヶにて
e0063268_21373031.jpg

[PR]
by s-t-day | 2006-10-22 21:35 | 徒然

女形谷の桜

丸岡に行ったときに女形谷(おながだに)の桜の木を見てきました
案内板によると
女形谷(おながたに)のサクラの木は、福井県内でも有数のエドヒカンの老樹。
主幹は根廻り9.5メートル、目通り5.6メートル、樹高は15.5メートルあり、地上から9.5メートルのところで、南北に分かれている。幹の表面にはコブ状のものが多く見られます。
樹勢は衰えていますが、毎年4月上旬には、薄桃色のきれいな花が咲き、満開になります

とのこと
今の時期は、木と葉しかなかったですが
この桜の偉大さと存在感には圧倒されました

全体
e0063268_21295164.jpg

e0063268_21302493.jpg

脇には小さな神社がありました
e0063268_21311375.jpg
e0063268_21312151.jpg
e0063268_2131317.jpg

満開時の画像
e0063268_2132656.jpg


所在地 坂井市丸岡町女形谷27-1
[PR]
by s-t-day | 2006-10-21 21:20 | 徒然

てんのう堂

丸岡に行く用事があったので
ついでに、女形谷にあるてんのう堂を見てきました
e0063268_236071.jpg

案内文を見ると
てんのう堂は、男大迹王(おほうどおう)(後の継体天皇)ゆかりの地として古くから伝承されている。男大迹王は、妻振姫(ふりひめ)にこの地で育てられたが、武列(ぶれつ)天皇が崩御された後に、第26代目の天皇として中央に迎えられた。
 この地は、大和よりの使者大伴金村(おおとものかねむら)・物部麁鹿火(もののべのあらかひ)・許勢男人(こせのをびと)らと会見したと伝えられている

と書いてありました
つまり、天皇家廃絶の危機を救った歴史的な場所のようです
皇位継承問題が騒がれている今日、
注目されてもおかしくないのではと思いました
e0063268_2372832.jpg
e0063268_2373917.jpg
e0063268_2374673.jpg


●所在地
福井県坂井市丸岡町女形谷15-7
[PR]
by s-t-day | 2006-10-20 23:17 | 徒然