高志の国・福井のとある牛飼いの日誌.内容は酪農のことだけでなく日々の徒然なる日常を書いています


by s-t-day
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

宮沢喜一元首相死去

自分が高校時代の首相だっただけにビックリです
e0063268_7183236.jpg

[PR]
by s-t-day | 2007-06-29 07:13 | 徒然

うどん

世界的なバイオエタノールブームやオーストラリアの旱魃により
小麦の価格が上昇↑
それによりうどんの値段が上がるらしいです

バイオ燃料人気で、うどん値上げ!? “粉もの文化”直撃
温暖化対策の切り札として世界中で注目されるバイオ燃料。その余波が讃岐うどんや身近な食事を直撃している。原料となる穀物市場が高騰しているためだ。競争が厳しい外食産業では大半の店で価格に反映されてはいないが、バイオ燃料は世界規模で導入が進んでいるだけに、将来への不安が漂う。

まあ日本国内消費の小麦を9割も輸入に頼っている自体がおかしいことだし
自給率自体40%だけど耕作放棄地増加しているこの現実をちゃんと伝えずに「うどんの値段上昇!」といった目に付くようなことしか伝えていないマスコミにも疑問を感じる
北朝鮮の飢餓状況が将来の日本の風景にならねばいいのだが・・・・・・

e0063268_23303376.jpg

[PR]
by s-t-day | 2007-06-24 23:17 | 徒然

新・農相

e0063268_0382212.jpg

なにげに期待しています
[PR]
by s-t-day | 2007-06-02 00:38 | 徒然

あわら市長電撃辞任

市長辞任しました
前から評判悪かったし
リコール運動起きていたし
なにより市民の声、まわりの声を聞かない独裁者は辞めて当然です
しかし、出直し選挙に出るらしく
議員との裏取引も噂されています
彼が再び市長になったら
あわら市は終わりです
e0063268_11323940.jpg

[PR]
by s-t-day | 2007-04-04 22:23 | 徒然

竹島の日

今日は竹島の日
e0063268_1125206.jpg
ニュースを見ても少しも言っていない・・・
嘆かわしいことだ
[PR]
by s-t-day | 2007-02-22 09:21

義憤に燃えて血潮沸く

e0063268_1014744.jpg

[PR]
by s-t-day | 2007-01-27 23:19 | 徒然
前回の新聞の下には
日本自由党公認 衆議院議員候補者 福田一
の記事が載っていました
福田一といえば、
通産大臣、自治大臣、法務大臣などを歴任した後、
1980年7月、第62代衆議院議長に就任した大野出身の政治家
調べてみると、
この記事は二回目のチャレンジの時のようです
結局、落選し、四度目のチャレンジ(S24年1月)で初当選
衆議院議長にもなった政治家の苦労の時期の1ページを垣間見た気がしました
e0063268_043340.jpg

[PR]
by s-t-day | 2007-01-24 23:04 | 徒然

後継首班に吉田氏

e0063268_034032.jpg

祖母の花嫁道具である
桐の箪笥の移動をしていた時
箪笥の引き出しの下に古い新聞が敷いてあるのを発見
「いつのだろう?」と思って取り出したところ
なんと昭和二十一年五月十七日の福井新聞
かなりびっくりしました。
なぜなら、我が家は今でも語り継がれている昭和23年の福井震災で倒壊
従って、震災以前の物があるということは極めて珍しいこと
祖母に聞いたところ
この箪笥だけが助かったとのことでした
てことは、この新聞は祖母が嫁ぐ(昭和22年)以前に、
祖母の実家で敷かれた新聞のようです
ちょっと歴史を感じてしまいました。
さて、この新聞を見てみると
後継首班に吉田氏」と書いてあります
言わずもがな、吉田氏とは吉田茂のこと
今となっては、吉田茂といえば良くも悪くも、
戦後を作った男」、「戦後の大宰相
と評価され、戦後の日本の軽軍備・経済重点の政治・外交指導のスタイルを作った人物
しかし、この福井新聞の社説を読むと
「吉田内閣の出現は多くの民衆の要望を無視した結果となった」
「戦後の危局を突破する力があるのか?これは全国民の不安であろう」
など、結構批判的。
「こんな外交官上がりのやつに何ができる?」って感じの記事でした
ともあれ、大変な時に首相になったのだなあとしみじみ思いました

ちなみに吉田家は福井藩士の家柄(3歳の時に養父・元福井藩士吉田健三の養子となる)
4歳の時、養父に連れられて、吉田茂はあの松平春嶽公にお目見えしたらしいです
この当時吉田健三は、横浜で1、2を争う富豪で、
吉田茂11歳の時に養父・健三が死去し、遺産が50万円(今の50億くらい)あり
この巨額の遺産がその後の政治資金に使われ、ほとんど使ってしまったとのこと
ならば、なぜ福井から選挙出なかったのかと悔しく思います

この新聞のコピーの欲しい方は非公開コメントにてお知らせください
[PR]
by s-t-day | 2007-01-23 22:30 | 徒然
ビックリしました!


e0063268_014138.jpg

[PR]
by s-t-day | 2007-01-21 00:20 | 徒然
先日、稲田朋美氏との意見交換会に行ってきました
稲田朋美といえば、
去年の郵政解散の時、福井1区”刺客”として送り込まれた人物
結構な保守思想の持ち主で
最近では、日豪FTA(自由貿易協定)に対し、
慎重を促す意見を発していたり、
徴農制を発言されたりして、
個人的には「新人やけど、なかなかすごいんちゃう」
と、注目していました
で、実際話を聞いてみると
印象としては「関西のおばちゃん」って感じでした
しかし、話の中身は理路整然としており
「さすが、弁護士としてガンガンやってきただけあってすごいなあ」
と感心しました
e0063268_2175991.jpg
e0063268_2182044.jpg

[PR]
by s-t-day | 2006-12-18 20:54 | 徒然