人気ブログランキング |

高志の国・福井のとある牛飼いの日誌.内容は酪農のことだけでなく日々の徒然なる日常を書いています


by s-t-day
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

瑞宝章

旭日章を調べてみたので
ついでに勲章で旭日章と並んで存在している瑞宝章についても調べてみました
「瑞宝章(ずいほうしょう、Orders of the Sacred Treasure)は1888年(明治21年)に制定された日本の勲章。国家または公共に対し功労があり、公務等に長年従事し、成績を挙げた者を授与対象とする。
制定当初は男性のみの勲章であったが、1919年(大正8年)から、女性にも授与されるようになった。1892年(明治25年)7月19日、広瀬宰平(住友総理事)、渋沢栄一(第一銀行頭取)、古河市兵衛(足尾鉱山経営者)、伊達邦茂(北海道開拓者)の4人が民間人として初めて明治勲章(勲四等瑞宝章)を受章した。それまで、勲章は国家のために尽くした者、つまり官吏にしか授けられなかった。ところが、同年賞勲条例が改正され、民間人でも国家のためにつくした者には授与されることとなった。
制定時には勲一等から勲八等までの8階級が存在していた。栄典制度改革により、2003年(平成15年)11月3日(いわゆる秋の叙勲)からは、瑞宝大綬章、瑞宝重光章、瑞宝中綬章、瑞宝小綬章、瑞宝双光章、瑞宝単光章の6階級に改められ、各階級の名称もそれまでの「勲○等瑞宝章」から旭日章に準じたものに改められた。」
とのこと
で、結局、旭日章と瑞宝章、何が違うのかというと
旭日章は功績の内容に着目し、顕著な功績を挙げた方
瑞宝章は公務等に長年にわたり従事し、成績を挙げた方 
らしいです。
e0063268_21205792.jpg

なにげに、母方の祖父の賞状を見たら
平成15年11月1日に叙勲でぎりぎり名称が改められる前らしく
勲六等瑞宝章とかいてありました
どうやら爺さんは公務等に長年にわたり従事し、成績を挙げた方らしい
by s-t-day | 2006-02-26 21:25 | 徒然