人気ブログランキング |

高志の国・福井のとある牛飼いの日誌.内容は酪農のことだけでなく日々の徒然なる日常を書いています


by s-t-day
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

勝山左義長まつり

勝山左義長まつりに行ってきました
左義長とは「古く平安朝の頃から正月15日に行われた行事の一つで、全国各地で行われている小正月の火祭りです。左義長まつりは、そのいわれや起源についていろいろな説がありますが、前年の災厄を払い、無病息災や商売繁盛、五穀豊穣などを祈願するお祭りです。共通していることは、青竹や松の木を組んでわらを積み正月の注連縄などを飾りつけ、これを燃やすということです。」とのことで、
勝山左義長は勝山藩主小笠原公の勝山入封時(1691年)にさかのぼり、赤い長襦袢で女装した太鼓の打ち手が三味線、笛、鉦による軽快なリズムでお囃子に合わせて太鼓をたたく様や、カラフルな色彩の短冊による町中の装飾は、全国で「勝山左義長」だけの特徴らしいです。
e0063268_23224320.jpg
e0063268_23232164.jpg
e0063268_2323328.jpg
e0063268_23235716.jpg
e0063268_23242193.jpg
e0063268_23243523.jpg
e0063268_2324542.jpg

たくさんの人でした
e0063268_232699.jpg

市長もいました
e0063268_2327098.jpg

作りもの
e0063268_232849.jpg
e0063268_2328248.jpg

御神体
e0063268_2332259.jpg


勝山左義長まつり
by s-t-day | 2006-02-26 23:35 | 徒然